« 美しい者達の理解者 | トップページ

2016.10.29

冷夢

黒い水の中をそ知らぬ顔で泳ぐ
私はいつも悪意に満ちている
そしてとても破壊的だ

知っているだろうか
繰り返される孤独と呪い
血を感じ
引きちぎれた肉片
この身の残像を集める

またここに戻って来た
迷い込む…
迷い込む…
樹海のように

死の淵はそれ程遠くない
白髪の老婆となっても

|

« 美しい者達の理解者 | トップページ

言葉の本棚 Ⅳ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286944/68157675

この記事へのトラックバック一覧です: 冷夢:

« 美しい者達の理解者 | トップページ