2018.07.14

裏表

そうだね
愛していなかったのかもしれない
抱かれる事も遠い昔

形だけを繕っていたかもしれない
そうすることで生き延びて来た

甘えていたのかもしれない
自分の非力を隠す為に

優しく出来なかったかもしれない
それが自分だと思っていた

要求が苦しかったのかもしれない
君にも自由はあった

今さらだ

言葉にしなければ
ホントは何もわからない
言葉にしても
全部はわからない

例えば私をざっくり捨てて
君が心の表を見せてくれたら

私も心の裏側を
包み隠さず教えよう

だけど平和でいたければ
弱虫な私達の嘘は
永遠につき続けなくてはならない


| | トラックバック (0)

2018.07.13

最後の嘆き

毎朝毎晩
ザワザワするのは

愛も無く
夢も無く
人も無く

鏡に映る
みすぼらしい
老いた姿で

生きている事が
恥ずかしいからなんだ

凡人の嘆き

老人の見苦しさ

ありがとう君

それさえも苦しい

瞳を伏せる

言葉を閉じる

| | トラックバック (0)

2018.07.10

愛が無い

私には愛が無い

愛する事が出来ない

愛がわからない

愛されるとはどんな気持ち?

ホントはわからない

愛してると言った事が無い

愛された記憶が無い

空っぽだ

いつも

失った時に

取り残されて

不安で

嗚咽して来ただけ

嗚咽して来ただけ

| | トラックバック (0)

«七夕