2017.06.25

雨は音など持ってはいない

真夜中に
雨の音を聴く

屋根や雨戸に落ちる音
庭の楓をたたく音
黒いアスファルトに突き刺さる音
車のボンネットに弾ける音

そうさ
そもそも
雨は音など持ってはいない
ただの水玉
空からの訪問者

静に訪れて
束になって流れてゆく

目を閉じて
雨の行方を模索する

雨に抱かれて
旅をする

眠りは訪れた


| | トラックバック (0)

2017.06.15

お姉ちゃんへ

お姉ちゃん
私は今大阪に向かう新幹線の中
1人おにぎりを食べています
高菜の入ったおにぎりは
ピリッと辛くて美味しいです

見回すと
疲れた顔のサラリーマンが多くて
あー皆それぞれに家族の為に一生懸命働いて
家路に帰る途中なのだなと
しみじみしています

おにぎりは美味しいな
駅で買った135円のおにぎりだけど
何も食べられなくなって
氷しか食べれなくなって
死んでしまった
あなたを思うと
お米の一粒だって高菜の1枚だって
ありがたく思い
しっかり噛んで頂くのです

私はまだまだ生きて行かなくてはならないもの

もうすぐ静岡です
お姉ちゃんはどの辺りですか?

またお便りします

大好きなお姉ちゃんへ


| | トラックバック (0)

2017.06.08

生きる日々が
正当で在るために
いくつかのツナガリを断念する

安全に死んでゆく為さ
やりたい様にやるなんて
ガキのする事

うそぶる女

つまらなくなった人生に幸せと書いて蓋をした
きっぱりと蓋をした


|

«ニケ